お役立ちインフォメーション【転職ノウハウ】

履歴書の書き方

  • 先生の中にはあまり履歴書を書いた経験の無い先生も少なくないのではないでしょうか。
  • 一昔前は履歴書もそこまで重要視されておらず、用意されていればそれほど問題は無かったと思います。
  • しかし近年採用担当者様も履歴書・職務経歴書・面談時のコミュニケーション能力等、細かくチェックし採用にあたっている傾向があります。
  • 先生の魅力が少しでも伝わるよう正しい書き方でよい結果を手に入れましょう。
  • ポイント
① 
パソコン作成も認められてきていますが、まだ自筆の方が印象の良い場合が多いです。
丁寧な自筆で記入しましょう。万年筆や水性ボールペンが良いでしょう。
② 
誤字脱字や用紙の汚れには注意しましょう。
もし汚れがついた場合や、書き損じた場合は修正液などで対応せずに新しい用紙に書き直してください。
③ 
履歴書に貼り付ける写真は3ヶ月以内のものを使用してください。
面接で直接会わない方が見ることもありますので、写真屋さんで印象の良い写真を撮ってもらうのが良いでしょう。
④ 
履歴書用紙は自分に合ったものを使用しましょう。
用紙によって自己PR欄や志望動機の大きさや項目が違います。職歴やアピールしたい項目によって、市販のものやテンプレートのダウンロードから選ぶと良いと思います。
⑤ 
志望動機・自己PRはしっかり記入しましょう。
志望動機は医療機関の特色や情報をもとに、ご自身の経験を踏まえ興味や意欲をアピールすると良いです。
最近はコミュニケーション能力を求められる事が多いので自己PRでそこをアピールできると良いと思います。患者様とのコミュニケーションだけでなく、コメディカルとのチーム力も重要です。
  • 以上に注意して良い履歴書を作成してください。
  • その他にも不安なことがありましたら弊社コンサルタントまでご相談ください。
  • 先生の魅力が少しでも伝わるようお力添えさせていただきます。
  1. 運営会社
  2. 株式会社パーソナルアシスト
  3. 〒113-0033
  4. 東京都文京区本郷6-17-9 本郷綱ビル7階
  5. フリーダイヤル: 0120-938-978